地域本部 ほめ育マスターインストラクター(エリアマネージャー)
波多野 輝未

全国に受講⽣が100名、3児の⺟ 〜後悔を抱えていた⼦育てへの思いから〜
私の幼少時代は親にほめられた記憶がありません。だから『ほめる』『ほめられる』がわからないまま、今にいたっていました。

そんな私の⼦育てはもちろんほめる事をした事がありませんでした。1番上の⼦育ての時は、ほめるどころか⼦育てもわからない。だから⾃分の感情をそのままぶつけるしかない⼦育てをしていました。⼦供が⾔う事をきかない!ずっとその⾔葉が⾃分の⼦育ての軸で、上⼿くいかなければ『叱る』『怒鳴る』『叩く』の繰り返しでした。そんな⼦供ももう20歳になった今、私の中にはどうしても取り戻せない『罪悪感と後悔』がありました。それはもう消える事がない、抱えていかなければいけない⾃分への罪だと思って諦めていたのです。

そんな時、出会った『ほめ育』。その時、仕事でも⾏き詰まっていた私は、周りの⼈の『⾃⼰肯定感の低さ』をどうにかしてあげる事は出来ないかと、ずっと悩み 思い続けていた事もあり、仕事・⼦供への⼦育て、そこから『ほめ育』を学ぶ事で⾃分が⼤きく成⻑出来たら、全てが前進するのではないかと思い、講座の受講を決めました。講座を受講して最初にしたのは、1番上の⼦供へ渡した『ほめシート』。帰ってきた⾔葉は、『凄い仕事をしているんだね!お⺟さん凄いね!ありがとう!⼤切にするね』と返してきてくれた⾔葉でした。その時の私は涙が⽌まりませんでした。返してきてくれた⾔葉が嬉しくて流した涙ではなく、⼦供が⽣まれて初めて、こんなにほめる事が出来た事で、やっと⼤きな⼼の壁がなくなっていった気がしたからです。これからはずっと⾔ってあげられる!伝える事が出来る!そんな思いが溢れて、涙となったと思います!

私は⼦育てで悩んでいるお⺟さん、ほめる事がわからないお⺟さん、⼦供とのコミュニケーションの取り⽅がわからないお⺟さん、どうしても感情が先に出てしまうお⺟さん、⼦供にイライラしてしまうお⺟さん。ちょっとだけ⽴ちどまり、この『ほめ育』を知ることで、⼼から、まず最初に愛情を素直に渡せるツールとなる事を知ってもらいたいです。⼦供だってほめられたい、⼦供だからほめられたい、それは歳は関係ない、⾃分の⼦供でいる限り、ずっと求めている事だと思います。親が『ほめ育』を知っているだけで、悩んでいるママが減り、笑顔になるママが増えると思います。⼦供にとって1番は親の笑顔です!この『ほめ育』を1⼈でも多くの⽅々に知ってもらい沢⼭の笑顔が広まる事を、ほめ育財団のインストラクターのお仕事をして伝えています。

北海道認定校 「ほめる喜び、ほめられる幸せを伝える」
ほめ育マスターインストラクター 八幡えいこ

女性起業家を育成する仕事をしていた時に、人を育てるには「ほめる」ことが大切だと思い実践をしていました。ですが、ほめるだけではダメ!と、言うことも実感していた時に、原邦雄代表のセミナーに参加しました。「ほめる」ことで、人が変わり企業では売り上げや辞職率低下など数字で結果が出ていることを知り、「これは本物だ!」と感じ、すぐに認定講座を受講しました。働きながら母親をやっていた私には子育てをしてる中で後悔が沢山ありました。延長保育を嫌がり、それでも預けていたこと。ついカッとなり、子供に怒鳴ってしまったこと。小学校高学年になった今でも過去のことは心が痛みます。なので、子供にはこれ以上悲しい思いはさせたくない、失敗させたくない、そんな思いが強く、つい結果だけを子供に押し付ける形になっていました。そして、子供の反応は「ママ、もういい!!もう、しゃべらないで!!」反抗期真っ只中でした。そんな中、ほめ育を知り日常でも「ほめる」事を始めました。「いつも、自分から宿題やってすごいね!」、「お友達の事を考えてあげて、あなたは立派だよ」

以前の様に結果を言うのではなく、娘の良いところを伝える様にしました。すると、娘が明らかに変わっていったのです。「ママ、今日学校でこんな事があったんだけど、どうしたらいいと思う?」「今日ね、こんな事があってね~~~~」と、娘から私に相談してくれる様になったのです。「ほめる」を簡単に使えて、これを知るだけで女性はどれだけ楽に生きていけるか!私は早くたくさんの方に「ほめ育」を知ってもらい、幸せな女性を増やしていきます。

大阪認定校 ほめ育マスターインストラクター 道下しんすけ

ほめ育との出会いは、ある方を通して原さんを紹介してもらったことが最初です。「すごい、コンサルタントがいるよ」とご紹介頂きました。 それからほめ育を勉強させてもらったのですが、ほめ育では「日頃の意識を変えることが、こんなにも大切」ということを教えてもらったと思います^_^

日常を過ごす中、どんな前提で、何を感じ、何を思い出しているのか。 これらの質で、発する言葉や、行動が全く違ってきます。

ほめ育は「ありがとう。すごいね。素敵だよ」という言葉を大切にし、積極的に伝えます。まず伝えようとすると、それに沿った内容を見つけようとします。これが大切。相手が変わってなくても見つけようとすると見つかる。

つまり、自分次第なんですね。これは実践して気付くことができました。

もし、関わる人全員が【ほめ育】を知り、相手へ感謝や尊敬を言葉や行動にすることができたなら、良い世界になると僕は思っています。 まずは出逢った人に伝える。そしてその人が周りの人に実践してもらえたら嬉しいです。

ほめ育マスターインストラクター 崎田カズノブ

こんにちは!!歌うほめ育マスターインストラクターです☆ 1965年生 奥さん1名、3歳の息子、1歳9カ月の娘を持つ 51歳のパパです☆ よろしくお願いします!

ほめ育との出会い
・4年前、シンガポールでの生活から帰国し、様々な環境下で辛い時期にどうしたらいいかわからない、周りの人へありがとうと素直に言えない、笑顔でいたいけれども笑顔が出ない。 奥さんをほめたくてもほめれない。

そんな時に奇跡の出会い『原 邦雄』ほめ育創始者の原さんと出会い、目の前の景色が変わりました!景色の色、空間の香、自分の焦点 原さんとの出会い、ほめ育との出会い、出逢うべくして出会ったと思っています。人は誰と出逢うかで人生が変わりますね。

想い・まわりも自分も超ゴキゲン!今、ほめ育を世界に広めている仲間のゴキゲン力は凄いです。自分の周りが、友人の周りが、またその友人の周りがそして世界196ヶ国の人々が ほめ育で自分もまわりも幸せになる!私の周りが本当に笑顔でいっぱいになり、なにより私自身も心から幸せな自分になったんですね。

ほめるというやさしさ 叱るというやさしさ 認めるというやさしさ 共感というやさしさ
ほめ育とはほめて育てること。 この全ての想いを共感してもらえる仲間にもっと出逢いたいです。
今まで辛かった想いをほめ育という心のストレッチをつかって 一緒に自分自信を信じてみませんか。